待ち合わせの際の注意点 - エロテレビ電話アダルトチャット -

AD
HOME < 待ち合わせの際の注意点

待ち合わせの際の注意点

待ち合わせ場所で女性を待っているイメージ

女の子と待ち合わせに成功!!意気揚々と待ち合わせ場所に向かったまでは良いが....そこには危険な罠があるかも知れません!!あまりにもスムーズに連絡先交換にも応じてくれて即会いに来てくれるなんて、よくよく考えたら怪しくないか!?そんな貴方は必見です♪

美人局に注意

ホテルまで入っていざプレイを...っと思っていたら、イカツイ男性が数人入ってきて「人の女に何さらしてんねん!!」的な昔から言われているアレですね。

今時そんな古典的な方法に引っかかるなんて、っと思っていませんか?実は未だにこうした事件が起こっていることをご存じですか?

「教師」「役員」など、ある程度の社会的立場を持っている人の方が狙われやすいそうです。外部に漏らされたら困るという部分で泣き寝入りしてくれることを犯人グループは望んでいるのです。会話の際にはくれぐれも注意しましょう。

相手の女性が余りにもスムーズに連絡先交換に応じてくれて、少しでも怪しいなと感じたら、「待ち合わせ場所に早めに行って遠くから眺める」「目印となる格好を予め嘘ついておく」のが使える方法です。危ないと思ったら逃げましょう。

援助交際の交渉

稀に直前までお金の匂いを全く出さない女性もいます。待ち合わせしてご飯を食べて、いざホテルに入ったら...「お願い聞いてくれないかな」..と持ち掛けられるパターン。一瞬何の話?っと思うかも知れませんが、それは間違いなく援助交際の交渉です。マジかよ...という絶望の声が聞こえてきそうですが、これは実際にあるパターンで、女性側からすると事前にそういった話をしてしまうと男性に逃げられてしまうからなんですね。こういった交渉を持ちかけられたら強い気持ちで断りましょう。

風俗業者に注意

お客を捕まえられないような女性に対して、半ば強制的にエロ電話サイトに電話をさせ、客を強制的に捕まえさせようとする悪徳業者が介入している場合もあります。こういった場合はとんでもないオバサンに大金の支払いを迫られてしまったり、男性側自身、後ろめたいことをしているという心理を悪用して逃げられないようにされる危険もあるので、会話の最中からこういった危険が無いかを予めリサーチしておくことが大切です。

宗教の勧誘に注意

最近では会えたまでは良いけど、宗教にしつこく勧誘された、という事例が多数報告されています。こうした場所で勧誘している時点でまともな宗教とは思えませんね。どんなにしつこくても断固として断り、トラブルを回避するように注意してください。

セールス勧誘に注意

俗に言うデート商法というものですが、これは以前からテレクラサイトを利用する人が遭遇している事例です。綺麗な女性が現れ喜んでいるのも束の間、お店に連れていかれて高額な商品を買わせようとする手口です。もちろんお店の人間もグルなので、絶対に買わないように注意しましょう。

性病に注意

気軽にセックスしたい時に利用する女性が多いことから、性病になる危険が高いのもエロ電話サイトで待ち合わせする際のデメリットでもあります。

必ずコンドームの着用は忘れないようにしましょう。後悔してからでは遅いです!

HIV感染者は分かっているだけで...

なんと驚きなのが、分かっているだけで日本中で1日に4人のペースで感染しているというデータがあることをご存じですか?しかも都心部を中心としているそうなので、都心部でテレクラ・ツーショットダイヤルのエロ電話サイトで待ち合わせをしようとしている人はさらに注意が必要です。

分かっているだけ、つまり保健所や病院などできっちり調べている人だけでその人数なので、潜在的な数は数倍にも膨れ上がると保健所などでも注意喚起を促しています。

主に同性同士での性交渉で、というのが通説ではありますが、こういった不特定多数の相手とセックスを楽しむ場の場合はかなり危険性が高いとも言えます。

「ゴム無しでいいよ~」という甘い誘惑に負けてしまうと一生涯後悔することに成り兼ねません。

若者を中心に梅毒が急増!?

20代女性を中心に梅毒の患者数が過去最高に達しそうというニュースが日本全土を駆け巡りました。問題なのはすぐに症状が出なく、気付かないうちに多数の人間に感染させてしまうという点です。

かつでは不治の病とされていた梅毒ですが、ペニシリンの発見以降は完治する病気となりましたが、感染していることに気付いていない人は病状が悪化する危険があるので、楽観視出来る問題ではありません。

梅毒だけではなく、「淋病」「クラミジア」などの性病に一度感染すると、「HIVに感染するリスクが通常の3~5倍高くなる」そうなので、十分に注意が必要なのです。

時代の流れと共に、SNSが一般化しており、性に開放的になる女性が急増する中、こうした性病の問題も同時に増えているのです。ひと昔前まではこうしたエロ電話サイトを利用する女性の年齢層は30代~50代の女性が中心でした。しかし今では10代後半~20代女性からの着信が驚く程多いので、こうした現象も頷けます。

タダマン注意!?

よくよく考えてみましょう。容姿端麗な女性はわざわざエロ電話サイトを利用せずとも、いくらでも男性を捕まえることは可能です。

逆に考えてみれば、「男性を捕まえることが出来ない」=「年増orブス」ということも十分に考えられますね。

もしくは余りにも性癖がマニアック過ぎて、「一般の男性にドン引かれてしまう」というケースもありますね。

中々男性に縁が無い女性からすれば、近くの男性とサクっと会ってサクっとセックスを楽しむことが出来るテレクラツーショットは最高かも知れませんが、不特定多数の男性と性交渉をしている限り、性病の危険はついて回ります。

どんなに甘い誘いがあろうとも、必ずコンドームの着用を忘れないようにしましょう。

事前にキャラ設定を明確に

美人局などに狙われない為にも、事前にキャラ設定を明確に作っておくことで危険を回避出来るので、会話の前にキャラ設定を作っておきましょう。

名前職業を作っておく

何も本当のことを言わなくても良いのがテレクラ・ツーショットダイヤルの利点とも言えます。特に一般の女性側は様々な危険を回避する為にもこの辺りは常識と言っても過言ではありません。

男性側は無頓着な部分になりそうですが、上記で並べたような危険もあるので、男性といえど、予め事前に「仮名」「職業」などを作っておくことが大切です。

普段使わないLINEIDを作っておく

普段から使っているIDで交換をしてしまうと、ストーカー被害に拡大してしまったり、面倒なことになってしまったりする危険があるので、事前にもうひとつのアカウントを作成し、「遊び用アカウント」を作っておくことを推奨しています。

インターネットで「LINE ID 複数」などで検索することでその方法は出てきますので、事前にこういった準備をしておくことが賢明です。

マーク説明

  • チャット

    こちらのマークはライブチャットサイトを意味しています。

  • 2shot

    こちらのマークはツーショットダイヤルサイトを意味しています。

  • APP

    こちらのマークはアプリで使えるサイトを意味しています。

  • PC

    こちらのマークはパソコンで使えるサイトを意味しています。

  • SP

    こちらのマークはスマートフォンで使えるサイトを意味しています。

  • MB

    こちらのマークはガラケーで使えるサイトを意味しています。

  • 通勤

    こちらのマークは通勤のチャットレディが主ということを意味しています。

  • 在宅

    こちらのマークは在宅チャットレディが主ということを意味しています。

  • 通/在

    こちらのマークは通勤/在宅が混在しているということを意味しています。

AD
AD